無審査で即金受け取りができる消費者金融があれば、すぐにお金を作りたいあなたにとって大助かりではありませんか?

本当に困っていたら、大至急お金が必要だと思います。

即日可能なところであれば、あなたが考える最短日数で借入可能かもしれませんよ。

突然の病気はお金がないことを待ってはくれない

予定外に緊急的に一週間後に手術をしなければならないとなってしまい、そのための通院代や手術代(保険適用外でした)、しばらく仕事も休まなければならなかったり、その後落ち着くまでの生活費が捻出できずに困ってしまいました。

  • 纏まった金額の手術代等を支払う手持ちや貯蓄がありません
  • 安くない金額のため、誰かに頼ってなんとかすることもできません
  • 働くこともできなかったので収入もないのに出費だけが多くどうしようもなかった

突然の手術が決まったことにより、精神的にも不安定になってしまっていたり、体調も良くないところにお金の問題が合わさってどうして良いかわからなくなってしまっていました。

どうにかしなければいけないのはわかっていても、自力ではどうすることもできず、余計に塞ぎこんでしまっていたように思います。

せめてお金がないだけ、体が悪いだけのどちらかだったらもう少し違ったのかもしれないと思いながらも、この時は正直絶望しかありませんでした。

改めて貯蓄やお金の大事さを思い知る事ができました。

やはり何かあった時に必要なのはお金であったり、時間や体力のいずれかがない事には始まらないとわかったので、出来ればどれもない状態にはしたくないなと頭の中で意識するようになりました。

ただ借金自体は最終手段だとは思っているので、今後もしっかりとタイミングは見極めつつ、出来ればしなくていいように頑張らなければならないと思っています。

生活の中で一番変わったのはやはりお金に対する意識です。

病院代が実費だったため、分割や待ってもらうこともできないと言われ最終的に借金に踏み切りましたが、それもなければ取り返しもつかない事になっていたと思います。

お金がないままだと手遅れになって、最終的にはもっとお金が必要になってどうしようもなくなってしまっているか、身体的に大変な事になっていたのではないかなと思います。

家賃等も支払えていなかったので、実家でもなかったためまともな生活を続ける事は不可能だったと思います。

借金をする前の借金に対するイメージは最悪だった

やはり借金という物はリスクが大きいものですし、気軽にするものではないと思っているため抵抗は大きかったです。

借金=怖いものと言うイメージも大きかったです。

ですが、今ここで借金をする道を選ばなければ自分ではもうどうすることもできなかったため、納得するしかないと自分を納得させようとしました。

実際借金をしないことには生活費も手術代も全然自力で捻出することが不可能だったため、どうしようもないから仕方ないと思いから結局借金をすることになりました。

借金の悪いイメージはただの食わず嫌いだっただけ

借金をすることが出来たおかげで、無事手術も受けることができましたし、その後2週間程は仕事もすることが不可能だったのですがしっかり家で療養することもできました。

借金のお金がなかったら今本当に大変なことになって生活もできていなかったかもしれないと思うとゾッとします。

あのころは選択肢も少なく、抵抗も感じつつのすがる思いでした借金ではありますが、今思い返せばあれは正しい判断だったんだと思うこともできます。

出来なかった時の方がきっと恐ろしい事になっていたでしょう。きちんと考えて判断した借金はただただマイナスなだけのものではないと思えます。

借金をするかどうか悩んでいるあなたへ

まずは精神的にとてもしんどい思いをしていると思うので、まずはしっかり話を聞いてくれる人がいると大きな助けになると思います。

その上で、借金以外の解決策がないかをしっかりと検討、相談した上でどうしてもなんともできないとなった場合には借金することも候補のひとつだと思います。

そして、リスクやマイナスなことも話した上で、借金をしたことによって救われたり変わる事もあわせて話し合っていけるのが最善ではないでしょうか。

最初は、ただただ大きい金額の借金が苦痛でした。

ですが、その借金がなかったらと想像する方が恐ろしかったため、頑張ることができました。

また、借金が終わったらこんな事しよう、あれを買おう、など返済分の、返済が終わった後の使い道を考えたりするのも楽しくありました。

後は、周囲の借金経験のない人にとっては、やはり借金が良いものではないと言うマイナスイメージがどうしてもありはしますので、少しでも早く終わらせたいなと言う気持ちも強かったように思います。定期的にしんどくもなりましたが、なんとか乗り切れました。